メニエール病の症状と治療法|根気よく病気と向きあおう

薬

日常の中で実行できること

CTスキャン

メニエール病の原因として考えられているものにストレスとがあります。また、メニエール病の発作を引き起こさない為には疲れを溜めない規則正しい生活を送ることが効果的だとされています。これらの点に留意しつつ毎日の生活を送る上で取り入れることをお勧めするのが短時間の散歩です。散歩は多種多様な運動の中でも特別に体力を必要とするものでもなく、幅広い年齢の人に共通して気軽に生活に取り入れやすい適度な運動として認識されているものです。また、晴れの日にする散歩は体に日光を浴びることができます。日光を浴びると神経伝達物質のセロトニンが多く体内で分泌されることが知られており、精神安定に有効です。これはストレスを多く抱えている人にとって良いことです。さらに日光の中でも特に朝日を浴びるようにすると体内時計を整える効果が期待でき、良質な睡眠や規則正しい生活の助けになります。

メニエール病は内耳にできる内リンパ水腫がもとになり発症するとされています。体内に余分な水分が溜まるとこの病気にとって良くないということはメニエール病の治療に利尿剤が使われる場合があることからも明らかです。普段から水分量には十分に気を付けて適量を摂取するようにします。特にカフェインの入った飲み物や塩分の摂り過ぎには注意が必要です。ただ、水分が少なすぎると脱水症状を引き起こしてしまう可能性がありますので、自分の体をよく観察しながらバランス良く摂取することが大切です。メニエール病は完治させるのが難しい病気でもあります。治療には長い時間がかかる場合があり、いつ発作が起きるのか分からないという不安から憂鬱な気持ちを抱えてしまう患者も少なくはないと考えられます。しかし、病気に気持ちを引きずられて毎日をそんな思いで過ごしているとストレスを生み出すことに繋がる可能性が非常に高いです。病気と上手く付き合うことを覚えて、充実した毎日を送ることが結果的に病気にも良い作用を与えると思います。